2/8(土)おゆゴスでスペシャルなゴスペルワークショップを開くことができました〜❣️

なんと遠くからメグさん、アッコさん、りえりえちゃん、そして静さんまで来てくださってとっても感謝でした❣️なんて贅沢な教師陣❣️恵まれてる〜❣️

そしてピアノにみっちゃん、そしてドラムに急遽OKしてくださった竹田さん!感謝します〜!

そして、遠くのAチームのクワイアから、又、初めてゴスペルを歌う方、教会員の方々、久しぶりに歌いに来た方々、などなどのみなさんと共に歌えた2時間、とても楽しかった〜❣

本日の記録をしておきます。

まずはみなさんでウォームアップにこの2曲を(^^)
♪この日は主が造られた
(日本語&英語で)

♪Victory is mine

そしてJGCF 関東Aチーム曲をワークショップ!

♪All in His name(急遽駆けつけて下さった竹下静さんディレクションありがとうございました♡)

わたしは小さな悩みもわかんない位デカい困難も、神様にゆだねます。必ず最善にしてくれる!それ事実❣️って歌う。力強い❣️

♪祈りのちから(ステキな旦那様のお話しから😉メグさんディレクション、アッコさんソプラノ、りえちゃんアルトで)

共に祈ること、誰かのために、自分のために、この地のために。それが支えとなり強さとなり、乗り越えていく力になる、という歌。あちこちで災害や大変なことがあったことも覚え、つながり本当に、力として歩んで行かなきゃなと。

そして時間があったので、
♪生きてるって素晴らしい
(メグさんのクワイアにいらした方が、病の中にいる時にこれを喜び歌っていたこと、そして天へ行かれた今は、神の元で生きてると確信に変えられたことも話してくれました。まずこれを歌ってクワイアを、というより一日を始めるの、良いですね。またおゆゴスでも歌いたいと思います❣️)

そして終了後も和やかに、クラムチャウダーと、前日メンバーで作ったプレッツェル、チャコさんのコーンブレッドを食べながら、新しい方々と交流できました!

素晴らしい日に感謝でした❣️

3/14(土)のJGCFはさらにたくさんのゴスペル仲間と出会えること、歌えること、すごい計画ですねっ!楽しみです!
2FE3A45F-582F-4D5B-80A1-2330F778C4B0

ハレルヤ❣️

2/6(木)土気ゴスレポ
先週の練習日とは打って変わって北風の強いとても寒い日だったので、強張った身体をストレッチと発声でしっかりほぐしました。
巷ではインフルエンザや新型肺炎など流行っていますが、予防は健康な心から!
ということで、今日の寒い日にも喜び感謝をして一曲目は
2/8(土)のワークショップのオープニングで賛美する
♪This is the day〜Victory is mine〜
をメドレーで歌いました。
Victory is mineのVictoryの所はJoy/Love/Happinessなどに変えながら歌うので、ディレクションをしっかり聞きましょう!

♪All in His Hands
一週間前に練習したのですが…
英語で、かつリズムも難しいので、出だしから忘れていました笑
[Verse:]
All is His Hands,
Handsのaの発音は「あ」ではなく「え」に近い音になります。
[Verse2:] [Verse3:]
2行目と4行目の頭の音は各パート同じになりますが、
2行目はHands⤴︎
4行目はHands⤵︎
となるので、注意が必要です。
[Verse3:]
・that's a fact,
factのfは破裂、飛ばすような口で発音をし、開けた口を戻してtをトゥのイメージで。
・This and that,
Thisを2回、3回と歌った後に
I put it all in His Handsに戻るときに⤵︎バージョンで歌ってしまいがちですが、2回目なので⤴︎バージョンです。

[Bridge:]
〜or smallはsではなくmが拍の頭になるので、遅れないようにしましょう。

♪祈りのちから
苦しい時も困難がある時も、神さまにただ祈ることで力や強さを与えられる。ハレルヤ!素晴らしい恵に感謝!

♪Amazing Grace
A)では神様からの驚くべき計り知れない愛を身体で感じ、B)で感謝の気持ちを解放します。
私たちの父の驚くべき愛は、義はどのようなものでしょう…

♪父の心
今日は英語でも賛美しました。
日本語と少し譜割りが違うので、音源参照してください。
He gave us,the crown of righteousnes
直訳では私たちに義の冠を下さいました。となります。
Amazing Graceの歌詞でもあるように、
My God,my Savior has ransomed me
私たちの罪の為に代価を払って救ってくださいます。私たちのその罪の代価となったのは、イエス様による十字架の贖いただ一つです。

⚠︎コピーにより英語歌詞が切れてる人がいるかも!?

(A3)
〜father' cry
〜righteousnes
(Chorus)
〜holy name
〜have done
〜great name

♪神の子
2/19(水)誉田保育所で歌う予定です。
テナーはソプラノと同じ主旋律で歌いました。

〜Nさんメッセージ〜
マタイの福音書8章14〜17節
この当時、間取りの主流は
1K鍵なし、土間から小上がりで一部屋、部屋の奥に鍵付きの貯蔵庫といった狭い家でした。
そして今とは違い、土曜日が礼拝で礼拝後は豪華な持ち寄りの食事会が唯一の楽しみでした。
弟子の1人であるペテロもイエス様を自宅に招くのですが、狭い1Kには熱で寝込んでいる姑が…
なんとも空気の読めないペテロですが、おかげで(?)姑はイエス様により癒されその後起きておもてなしをします。夕方になると悪霊に取り憑かれた人達も大勢押し寄せ、イエス様は次々とみことばをもって悪霊たちを追い出し、病気の人を癒します。
例えば、お酒を飲むことが大好き!と自分の意思で楽しんでいるように一見思えることも、飲みすぎた次の日の二日酔い、介護してくれた友人との人間関係…楽しいことの反動で後悔が生まれる事もあると思います。
楽しみだけでは、完全に満たされることのない私たちの心の渇きを癒し、100%埋めて下さるのはイエス様の愛。
どうすれば人に好かれる?褒められる?何ができても、できなくてもいいんです!そのままで天の父に愛されていますよ!

〜アナウンス〜
・2/7(金)プレッツェル作り@アロマさん家
・2/8(土)ワークショップ@誉田チャペル
・2/19(水)ミニコンサート@誉田保育所

・JGCFに参加する方はアロマさんまで

・チケットや食事の手配の都合などが関わることもあるので、ノートを読んだ後は、いいねスタンプ、イベントは参加不参加の表明をするようにしてください☆

今日も美味しい食事と子育てやお菓子の食べ方などの分かち合いの時を与えられたこと感謝です☆

1月25日(土)誉田リハレポ

暖冬のせいか、いくらか暖かい1日でした。2/8(土)に迫っている、メグさん達が来るJGCFゴスペル特設オープン練習日、また3/14(土)のJGCF本番に向けてたっぷり練習しました。

♪ All in His hands
 リズムや歌い出しに、ブラックミュージックに良くある、シンコペーションや裏拍から入る等が多い曲です。できれば、最初に歌詞を見ながらYouTubeで(オユゴスノートにアドレスあり)リズムをとりながら歌わずに10回聞くことをおすすします。Verse1は、ソプラノ、アルト、テノール、そして全員と順番に歌います。problemsのoの発音とquestionの発音に注意。
Chorusは、リズムに乗っちゃえば、比較的に楽。
Verse2は.歌詞が早いのでがんばって!Whatever,solveの発音に注意。
Verse3,Verse2とメロディーは似てるんだけど、Thisの入るタイミングが難しい!(1拍めに入るのではなく、前の小節の4拍半の所から入ります)。
曲を聞きながら手拍子する、または体で16分音符のリズムを取っていると分かりやすいと思います。
Bridgeは,ユニゾン。後は繰り返しなんですが、エンディング近くにフレーズを繰り返したり、リズムをくずしたりの遊びがあります。2月8日を楽しみに練習をしましょう。

♪ 祈りのちから
 All in His handsをたっぷり練習したので、前回練習した、JGCFのもう一つの課題曲祈りのちからを短くうたいました。


最後は、Dさんが不在だったので、アロマさんにAll in His handsの歌詞にある意味から
詩篇55篇22節
あなたの重荷を主にゆだねよ。主があなたを支えてくださる。主は決して正しい者が揺るがされるようにはなさらない。
詩篇37篇5節
あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
を読んで頂きました。

★連絡事項★
JGCFのチケット申し込みは早めにあろままで!(前売り2500円。小学生以下は1000円)

以上
(リハレポPさん感謝❣️)

↑このページのトップヘ